一匹猫の葛藤 - サラリーマン編

まだまだ見習いエンジニア。福島県→東京→神奈川在住。クルマディーラー営業→なぜか解析のチームリーダーやっている。「スクスト」は隠居中。「崩壊3rd」「アッシュアームズ」PCは「Wot」やってます。好きな言葉は「テクノロジーが世界を変える」

【管理人紹介】ナツメ 福島出身30代。
意識高い系を目指していたが、どう間違えたのかただのゲームブログと化している。仕事忙し過ぎて更新してません。
★崩壊3rd:艦長Lv.max微課金勢。
★Wot(PC):主にTier5~8が主戦場。ここぞというときに弱いので場の空気は冷えがち(^q^)
★スクスト [一匹猫]ナツメ 2015/4着任。現在隠居中。

こんばんわ、隊長のナツメです。

とうとう明日から協力戦が始まりますね。


フレンドのみなさま、準備のし忘れなどはなかったでしょうか?

僕もどこまで行けるか全く想像できておりませんが、今回はわりと心の準備ができたように思えるので、できるところまで行こうと思っております。

ランキングの新システムが採用されたこともそうですが、個人的には今月からフレンドさまをガラッと入れ替えさせていただきましたので、改めてご挨拶させていただければと思った次第です。


・今月のナツメ隊長は、こんな感じ

写真 2017-01-21 15 23 19

  • 終始弩級流し(ちゃんと流れてくれる、ハズ)
  • ランキングはエキスパート狙い
  • 階級ランクは初日A~S、2日目以降はS維持予定
  • 救援は基本、平日夜間と、土日はできるだけ張り付く予定
※なお毎度のことですが、状況によって多少の変更はあるかも。


1月は手持ちの草限りですが、できるだけ放流しようと思ってます。

また、わりとガチな心で参加しますので、心もとない救援ですがこちらも手数で頑張りたいと思います。
(なお、平日昼間は普通に仕事がありますので、たまに流せることができたらなあーって感じw)

理想を言えば、EXR引換券が欲しいところですが...。

写真 2017-01-20 22 43 36

欲を出して課金してしまうと、あっさりとまたすぐに潰れてしまいそうなので、今月はまずEXR補助券狙いで頑張ろうと思ってます(笑)


まだ若干、リハビリ感覚が抜けてない気がしますし...。


ただ、今月は先月と違いまして、過去最高のフレンドさんを招集できたと思ってます。


ほんとに、1年前の感覚なら(弩級前ですが)、余裕で100位いけるやろwって感じなくらい。

でもまあ、さすがに僕も現状での周りの環境を察するに、そんな安易にランキングに追いつけるわけはないと自覚はしておりますので、僕のできる範囲で人並みに頑張ろうと思ってます。


そんなわけで、今月もフレンドさまのお力が必要です。

僕も出来る限り、救援などでお力になりたいと思っておりますので、よろしくお願い致します☆

48
引用:© SQUARE ENIX・スクールガールストライカーズ製作委員会


P.S.

いやあ、しかし毎月協力戦に参加するたびに、なんでこんな辛い思いしながらポチポチしなくちゃいけないんだろうってわかっているはずなのに、いざその時期が来ると参加が待ち遠しくなるって..。

なぜだろう、未だにこの心理システムが理解できておりません...(-_-)


 

こんばんわ、隊長のナツメです。

今日は改まった内容となりますが、備忘録的に協力戦でついやってしまいがちなミスであったり、逆にやっておいたほうがいいことをまとめてみようと思います。

僕は1周年記念参戦の隊長なので、わりと協力戦に慣れてきた隊長のつもりであると思っておりますが、それでもつい予想以上にランキングが上がると、調子に乗って草をはたまた予算以上に燃やしてしまったことは数知れず...。

32
引用:© SQUARE ENIX・スクールガールストライカーズ製作委員会

1月の協力戦からシステムが変わることで、レイドランクをひとつ繰り上げたり、復帰された隊長も多くいらっしゃると思われるので、ブログをたまに読んで下さる隊長さまと情報共有できれば幸いだと思っております。

それでは、よろしくお願いします。


※今回取り上げる内容は、レイドが超級、もしくは弩級を回す隊長をイメージして書いております。ただ、協力戦でやることは下位でもそれほど変わらないはずですので、参考程度に見ていただくのも良いかと思われます。


1. 無計画に最終目標ランキングを上げる

これ、実は僕がよくやります。


例えば、つい先日の12月協力戦のこと。

IMG_3683

レイド戦途中から、これは行けそうだということから、目標ボーダーを引換券まで引き上げたときのお話。

1,000位ランキングから一つ下の1,200ボーダーに、徐々に差を広げていき、ついに6日目で200~300万スコアまで差が開きました。


さすがにこれは、僕の過去の経験から、普通にワンパンで引き続き流していればそうそう抜かれることはないだろう、とタカをくくっていたわけです。

よっぽどフルパンされんと無理やろ、と。

実際はどうだったか。


最終日になって、夜が明け朝に起きてみれば、気づけばスコア差がたった150万差程度に。その後も、平日の昼にも関わらず100万差がみるみるなくなり、夕方にはその差が50万スコア。

で、19時になったらもう30万スコア差がなくなってました。


もうこれ、普通にパニクるしかない(笑)

200万スコア、どこ行った?!!



...結果は21時ごろからずっとフルパンして、凌ぐしかありませんでした。

さすがにこちらもフルパンしていれば追いつかれることはありませんでしたけど、最終的にその時間だけで少なくとも草30個以上は溶けて跡形もなくなりました...悲しい。

IMG_3762
結局1,250万スコア着地予定が、150万スコア以上もオーバー。


これ、原因はなんだと思います?


単純に、引換券ボーダーを久々に走ったので、今のスコア事情に疎かったことが原因だと思ってます。

あれは予想すらできてませんでした(まあ言い訳するなら12月だから特別ということもありますが)。


そんな経験から、前回走ったことがあるボーダーとはいえ、数ヶ月前は弩級もなければEXRもありません。
草をここまで配る(プレゼント配布が増えている)こともなかったので、過去と状況が違うことは明白です。


なので、久々か、もしくは初めて走るランキングについては、あまりランキングにこだわらないことにしました。

草や資金に余裕がある隊長なら別ですけど、普通の隊長はそうそう草を無駄にしたくないに決まっています。

よほどそのランキングにこだわるなら、事前に特効を引いておくとか、階級ランクを高めに設定しておいたほうが、よっぽど予算内に収まることが多いかもしれません。

IMG_3686
強特効メモカ1枚でも取得できるスコアが大幅に増えるうえ、「流星ガール」効果で親愛度がMAXオーバーのキャラを有効活用できる。


そんなわけで、僕は今月できるだけの稼働をしまして、自分やフレンドさんのランキングを上げるような努力はしますが、むやみによくわかっていないランキングの目標を決めないことにしました。


僕の1月協力戦フレンド募集要項に、明確に「目標ランキング」を記さなかったのはそのためです(大まかには書いてますが)。

フレンドさんに誤解を与えてしまうかもしれないし、自分の首を締めて寿命を縮めてしまうかもしれませんからね。

毎月行われる協力戦、やはり出来る限り自分のペースで長く参加できるようにしたいものです。



2. スタダは大事

最近、僕が協力戦に参戦するための条件にしております。

協力戦初日を、目標ランキングかそれ以上のペースでまず走りきることをスタダ(スタートダッシュ)と言っておりますが、とてもメリットだらけだと思ってます。
  • 自分のペースが目標ランクと乖離していないか、初日に肌感覚でわかる
  • フレンドに切られにくくなる
  • 初日は(なぜか平日でも)隊長のログイン率が高く、ワンパン放流や救援がはかどりやすい
  • 初日にレイドLvが150を超えると、あとは安定してスコアを稼げる
写真 2016-03-25 0 00 18
※2016年の3月はまだ現役ということもあり、スタダ+フレさんの援護でそこそこなランキングまで行くことができました(これは当時の協力戦初日スコア推移、0:00頃)。

写真 2016-03-25 0 01 02

デメリットは、初日に仕事などで参戦する時間がシビアだと、苦痛だということくらいしょうか(笑)

僕はこのメリットを享受しない手はないので、できるだけ初日は最大限走るようにしています。


特に弩級に関しては、並の隊長ではワンパン・放流で1体を溶かすのもかなり時間を要するはずです。

できるだけ早い段階でレイドLvを150まで回しておき、空白期間(レイドが溶けてから次のレイドを流すまでの時間)を詰めておくことが、草を最小限に、かつ1週間で効率よくスコアを稼ぐ秘訣でしょう。


特に1月からは「新ランキング制度」が始まりましたので、特に初日のスコアウェートが余計に大事になってきたことは、間違いないでしょう。



3. 救援(余裕があればキリ番フルパン)が多い隊長はフレンドに好かれる

これはフレンドさん目線で見たときのお話です。

実際に僕も体験済みです(やる側もやってもらう方でも)。


なんだかフレンドさんによく切られるなあって隊長や、今のフレンドさんにあまり切られたくないって思っている方は、こうした救援を意識してやってみてはどうでしょうか?

もちろん100%ではないですけど、やはり印象が変わると思います。


野良のフレンドさん(互いがまったく面識がない場合)でも、レポートに名前が多く乗ってくると、名前を覚えてもらいやすくなります(救援レポートは10名以上になると、下位ダメージの隊長が乗らなくなってしまうので、最低限のステータスは確保したいものですが)。←2017年1月協力戦より、救援ダメージ10位以下の隊長も表記される仕様に変更されました。

あとのメリットは、以下の通り
  • 頻繁にログインしていることが伝わりやすい
  • レイドPが溜まりやすい(レイドガチャ券・草が確保しやすくなる)
37
引用:© SQUARE ENIX・スクールガールストライカーズ製作委員会
レイド妖魔は一人で倒すものではない。チャンネルを超えて、初めて乗り越えられるものなのだ。~ by.ナツメ隊長のひとり言より ~

デメリットは、やはり「めんどくさい」ことですね。

なので、レイドPはどうでも良いと思っている隊長さんは、やはり救援がやや少なめな印象。あとは高ステな隊長は、救援が少なくてもきっちりと期待通りのランキングを見せていれば、やはりフレンドから切られるということは少ないでしょうから、ここらへんもやはり強プレイヤーさんはアドバンテージがありますw

まあ僕たちは、僕達のプレイをしましょう。


あと、ツイッターをされている隊長ならもうすでに知ってらっしゃるイベントですが、放流されたレイドのLvが例えば100であったり200、500、1,000など、切りの良い数字(これを「キリ番」と言ってます。明確に決まっているわけではありませんが)が流れてきたときに、一瞬で消え去ったという体感をされたことがありませんか?

これが「キリ番レイドをフルパンする」ことで、ここまで頑張って流したフレンドさんを応援し、またともに喜びを分かち合う意味で、時々行われます。

写真 2017-01-21 22 48 44
弩級レポートで残っているキリ番SSはこれだけだった(そういえば画像整理したあとでしたね)


僕もフレンドさまとよくしていただいておりまして、感謝感謝です(笑)
(逆に、僕がキリ番をよく見てなくって逃しているパターンが多いような...すみませんw)

これは、それなりにインパクトがある行為なので、プレイヤーさんの目に止まりやすいです(特に溶けにくい時間帯で気づけば、あれ?ってなる)。

またフルパンの印象も強いために、余裕がある隊長で、かつフレンドさんに普段の恩返しがしたいときなどは、使わない手はありません。


実際にしてくれる隊長で悪い人はいないはずだし、やはり何と言っても印象が強いので、簡単にフレンドさんを切れなくなる、ということになるわけですね(それでもプレイスタイルにあまりに差があり過ぎると限度はありますが)。


やってみるととても気持ちがよいものでもあるので(気づかれない場合もありますが)、試しに草の1個か2個くらいは投下してみるのもよいのではないでしょうか。

相手からお礼のメッセージが届けば、しめたものです(笑)


注※:これは当然ながら、相手がレポートを開かないとわからないことなので、「フルパンしたんだから礼くらいしろよ」という態度では絶対やってはいけませんし、そう思ってしまうならやらないほうがいいです。楽しい協力戦が、お互い楽しめなくなってしまいます。
これは見返りを求める行為ではなく、ボランティア精神で行いましょう。そうすれば、いずれ誰かから返ってきますよ。

     -----------------------------------------------------------


以上、特に僕がレイド戦において大事にしていることや、気をつけたいことをまとめました。


もちろん隊長によってスタイルは違うので、そんなことまでしないよって方もいると思います。

僕はやはり大多数の隊長と比べても、特段強いステータスではないし、資金も潤沢に使えないので、今までフレンドさんに支えられてここまで来れたと思ってますし、今後もほとんど変わらないと思います。

わりと僕みたいなスタイルでも参考になる隊長さんは多いのではないのか、という思いで書きましたので、まだスタイルが固まっていない隊長は、ぜひご活用いただければ幸いです。


ちなみに、1月協力戦もこのプレイスタイルで協力戦のエキスパートランキングを目指そうと思ってますので、フレンドの皆様よろしくお願いします!(残念ながら、キリ番フルパンは手持ち草のなさからあまり期待しないでください代わりに0パン頑張ります...w)

37
引用:© SQUARE ENIX・スクールガールストライカーズ製作委員会

P.S.

やはり仲間とともに乗り越えたレイド戦というのは格別で、1週間という期間を、ストライカーや他のチャンネルの仲間と時に競い合い、助け合う時間としては長くもあり、終わってみれば短く感じるものですね。





 

こんにちは、隊長のナツメです。

とうとう2017年度の1月協力戦から、新システムが導入されましたね。

写真 2017-01-21 13 28 13

そう、やはり大方の予想通り、EXRメモカを報酬に加えた協力戦ランキングシステムです。

大まかにまとめると、以下の通りです。
  1. 変更されたのは、ランキングシステムのみ(レイドシステムや特効などは従来どおり)
  2. 6日目以降は、「エキスパート」「レギュラー」「チャレンジ」ランキングに別れる。
  3. 「エキスパートランキング」に入れたプレイヤーのみが、EXR関連のアイテムを入手可※
  4. 新参隊長向けの「ルーキーランキング」は廃止
※細かい話をしますと、レギュラーランキングにおいても上位10名に限り、EXR補助券1枚が入手できます。


つまり、協力戦が開催されてから5日目までは、いつもとほぼ同じ協力戦の流れとなりますが、6日目になった時点(0:00)で、
  • エキスパートランキング:1位 ~ 1,000位
  • レギュラーランキング :1,001位 ~ 50,000位
  • チャレンジランキング :50,000位 ~
と、ランキングベースで仕分けされます(細かいことを言えば、~0:30までは集計時間なので、実際に反映されるのはそのあと)。一度仕分けされてしまえば、その月の協力戦が最終するまでランキンググループ間の移動ができなくなります。

そこでなぜ、今までのようにただのランキング形式ではなく、グループ別の制度となったのか、少し考えてみました。


1. 明確に協力戦ランキングを区切るための「階級制度」

「階級制度」というと聞こえが悪いかもしれませんが、僕たち隊長からのメリットで言えば、明確に目標を伝えやすくなったということ。


たとえば、「エキスパートランキング常連」とか「レギュラーランキングから抜け出した」、などという大枠を示すことで、かなり相手に伝わりやすくなります。

今までは、「引換券以内」と使っていた言葉が、「エキスパートランキング行きます」と言えるようになるわけです。

便利っちゃ便利。

あとは箔付けみたいな感じかな。


称号をくっつけていることもそうですけど、「エキスパート常連」と言ったり言われたほうが気分はいいですよね。
僕もそう思います。

予想ですが、もしかしたらフレンドさんのランキングでもそこら辺が強調されることで、足切りの判定要素となり得てしまうことは、少し注意です。

1,000位と1,001位では、今後はなおさら、まったく別の意味合いに捉えられてしまう可能性がありますので、ここを意識していれば問題がないでしょう。

ただ、これだけの話ならば、わざわざ6日目でランキンググループに強制的に分ける必要もないはず。

なぜ分けてしまうのか。


2. アプリの負荷を分散させるため

わりと思いつきやすい理由はこれかな。


つまり、一番負荷がかかりやすい、最終日の2日間は、往来できない3つのグループにわけてしまうことで、システムの負荷を軽減しようとしているのではないか。

特にここ最近は、告知だったりアニメ化の話題性もあって、今までよりもかなりの割合で新規参入さんや復帰者もエテルノに舞い降りていると推測。

サーバーの負荷システムがそのままであるならば、思いがけない負荷でまたサーバーがダウンしてしまうかもしれないわけで、それって今までスムーズな運営を心がけていた運営さんからすれば、連発はイメージ的にも大打撃なわけです。


だから、今まではせいぜいレギュラーかルーキーランキングの仕分けだったシステムを、1,000位と50,000位あたりで、一番負荷のかかる2日目以降に完全に分離するというシステムに変更したのではないか。

写真 2017-01-21 13 42 48

また、5日目まで(ほぼ平日開催が多いからか)で、自分の取得できる報酬の範囲に制限がかかるので、平日に頑張って走って、土日に確定してしまえばほぼ流しに入る隊長もかなりの割合で出てきそうですね。


これは当然プレイヤーにとってもメリットがあって、最終日に重すぎて最悪サーバーが落ちてしまったり、通信が頻繁に途切れてスコア稼げないだろが、◯ね!ということが軽減されると予想しております。

称号も各ランキングごとに再度割り振られて、1,001位は「レギュラーランキング:1位」という制度に切り替わりますので、デメリットだらけというわけではなさそうですかね。

写真 2017-01-21 15 42 22

写真 2017-01-21 15 42 29




:総括

EXRが報酬に追加される、という予想に思わぬ+αで少々びっくりしましたけど、これはこれでどういった流れになるのか、楽しみでもあります。


ただ、これはどのシステム調整にもいえることなのですが、レイドシステムそのものがほぼ変わってないとはいえ、報酬にEXRが追加されたことで、過去のレイドランキングやスコア推移のデータはほぼ使い物にならなくなりましたので、また再度データを取り直さないとだめでしょうね(唯一初日のスタダのスコアデータは、一週間という期間に変更はないので参考にはできそう)

また僕的に辛いことは、協力戦のランクの維持・調整を「2度」行わなければならないということで、やはり仕事などで離脱気味な隊長にとってはデメリットでしょう。

5日目と最終日に調整ができない場合には、余裕を持ってスコアを維持することが今後更に重要になりそうです。


参考資料:
・アプリゲーム:「スクールガールストライカーズ」内のインフォメーション
・スクストはじめました:「スクストの協力戦ランキング3つ(エキスパート・レギュラー・チャレンジ)の違いとは?」




P.S.
以下、ここからは個人的なお話。


そんなわけで、今月の協力戦はナツメ隊長も参戦します☆

写真 2017-01-21 15 23 19

もちろん、目標は「エキスパートランキング」です(笑)

初めてのシステムなので、体感レポートが欲しいという理由もありますが、今回はガチな気持ちで参戦させていただきます。

なので、本日から募集するフレンドさんは以下の条件でよろしくお願いします。(_ _)
(枠もそろそろなくなって参りました)

■フレンド募集要項
  • 弩級回し
  • 階級ランクS以上
  • 総合ATK120万以上(特効込でも可)
  • エキスパートランキング狙いの方
  • 救援・放流が多めの方がお好み
■ナツメ隊長は今月こんな感じ
  • 弩級回し
  • 階級ランク初日A or S、2日目以降S維持予定
  • エキスパートランキング狙い
  • 平日夜間、土日はできるだけ張り付く予定
写真 2017-01-20 23 36 05

このためにとっておいた特効ガチャ券で、小織ちゃんがダブル収束。

あと強特効が出なかったのですけど、なぜか雪枝ちゃんが召喚されるという奇跡が...

写真 2017-01-20 23 44 36

写真 2017-01-20 23 44 42

写真 2017-01-20 23 45 00

写真 2017-01-20 23 57 16

と、まあ今週はいろいろありました。

写真 2017-01-21 15 22 54

アルタイルの伊緒ちゃんも僕のチャンネルでようやく参戦できたので、今月はテンション高いです(出費もありえないくらい高かったですが...)

そんなわけで、フレンドのみなさま、みなさんと一緒にぜひエキスパートランキング入りを目指しましょう!








 





 

こんにちは、隊長のナツメです。

僕が今の職場に就いてから、だいたい半年くらいになりまして、ようやく土日休みの感覚を取り戻しつつある、今日この頃です。

今までは平日の火曜固定で、前後の2連休があるかどうかの職場だったので、そういう意味では今現在は安定していて良いですね。

まあ求められることも変わって、試行錯誤している段階ですが、これ以上ここで話すことは止めておきます(笑)


さて、エテルノでは今日が特訓3日目。

来週の19日(木)までですね。

とりあえず僕は、特訓の報酬狙いというよりは協力戦の準備期間と捉えたうえで、階級ランクの様子を見ながら最後に詰めようと企んでいるわけですが、現段階で特訓ボーダーがえらいことになっております。


写真 2017-01-15 14 29 07
※1月15日14:30頃

43,900位て...orz


年々ボーダーが上がってるじゃありませんか....。

ちなみに僕は、自然回復と間違って数回全力攻撃してしまったスコアをここに含んでいるはずなのですが...、どうやら焼け石に水の模様。

これではランキングの目標を立てようがないですね。

写真 2017-01-15 14 29 17

写真 2017-01-15 14 29 23

写真 2017-01-15 14 29 29

写真 2017-01-15 14 29 34
初週ですが、容赦ない感じ。

とりあえず、特訓スコアはなるべく見ないようにして、階級ランクだけ目安に草を飲もうとは思ってますが、当然階級ランクも連動するのでどうかなあって感じ。

予想では、協力戦の初日のみが翌週の階級ランクを引き継ぐことになると思われるスケジュールなので、一応がんばってはみますがね...。


こういう時期に僕が大事だと思っているのは、あんまりスコアを見ないということ。

僕は、僕のできることをやるだけさ。 キリッ

という心意気です。


やはり、資金や生活様式が多種多様なこの時代、がんばっただけでどうしようもないことは山ほどあります。

睡眠時間を削るとか、他の時間を犠牲にするようなことまではしたくないので、ギリギリ無理しない程度に参加する予定w


昨日のブログでも書きましたけど、今月の協力戦は久々にHP/ATKで弩級レベルに乗ったこともあるので、救援メインでそこそこログる予定。

現状ではランキング目標を立てようがない感じですが。

気づけば、キャラ31人の「URif」とアマンドメンバーのURも出揃っているので、協力戦の報酬も気になるところ...w


あまり良い予感がしませんが、まあ盛り上がるに越したことはないので、おっかなびっくりでまずは特訓イベントを消化して行こうと思っております。


そして、ほたるん生誕祭☆

写真 2017-01-15 1 12 13

おめ☆(´∀`*);+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

いやー、めでたい☆

お返しもたんまり貰えてめでたい(笑)

写真 2017-01-15 12 27 17

今後もうちのストライカーの一員として頑張ってもらいたいですね。


写真 2017-01-15 12 22 01

かわゆす...( -д-)

   - スポンサーリンク - 



 

こんにちは、隊長のナツメです。

時が経つのは早いもので、もうスクストのTVアニメ第2話が夜中に放送されました。

43
引用 : © SQUARE ENIX・スクールガールストライカーズ製作委員会

まずは、アニメを観た率直な感想ですが、やはりアプリゲームに馴染みがある僕としては、全体的に懐かしいポイントを回想しつつ楽しめたと思います。


ほんわかした日常のやり取りのシーンも、アルタイルメンバーのキャラが際立って楽しいのですが、やはり一番の見所はオブリとの戦闘シーンですね。

第2話では、わりとあっさりオブリを撃破してしまうのですが、アニメタイトルにもある「特訓」の成果を発揮した場面が描かれていました。


ちなみに、アニメを見ていて「あれ?筋トレで能力向上はしないんではなかったっけ?」と思ったのですが、どうやらアプリゲームでいう「エテルノ」空間の描写ではないっぽい?


まだアニメでは詳しい背景が描かれていないようですが、詳しく考察するにはやはりおが隊長ブログの「スクストアニメ2話感想!特訓(筋トレ)したらRメモカが早熟SRに!」をご覧になるのが早いと思います。

僕もよくわかってなかった部分を、かなり深掘りして解説されております。

BGMやEDのネタも詳しいので、正直僕はまだそこまで追いついていけていないのですが(笑)...今回も参考にさせてもらいました!


そして、ほとんどの方が気づいておられると思いますが、そう、アプリゲームのスクストではちょうど昨日から1月の特訓が開始されました。

写真 2017-01-13 20 38 30

それに合わせてアニメの放送スケジュールを組んでいるかどうかはわかりませんが、タイムリーな感じが良いですね。

59
中学、高校での部活動筋トレを思い出して、泣けてくる...。


僕ら猫隊長が草を浴びるたびに、それぞれのチャンネルでは鬼特訓で彼女たちがムキムキになっていくわけですね...、わかりますw

まあアプリゲームでは実際、他のチャンネルのチーム同士が戦うこととなっているのですが、そんなものをアニメで再現してもしょうがないので、そういう疑問は最初からなかったことにしてしまったほうが、楽んでアニメを観れると思いますね。



アニメを観て気づいてしまったこと

その1:夜木沼伊緒ちゃんのスペックがチートレベルな件

このワンシーンSSをご覧ください。

29

ちょっとこれしかSSがなかったので見づらいと思いますが、恐らくオブリ退治で出撃した際の戦力スペックか、戦績をレーダーチャートにて集計したものと思われます(椿芽ちゃんがみんなを待っている間にチーム分析を行っていた場面ですね)。

並び順としましては、左からチーム別順に、「ココナッツ・ベガ」「プロキオン・プティング」「ビスケット・シリウス」「アルタイル・トルテ」となり、チームごとに各メンバーのグラフが表示されております。

注目は、一番右の上から3番目に見える「夜木沼伊緒」のレーダーチャートなのですが...


29のコピー

ふぁ?!(((*Oдo;)


なにこれ?...天辺のグラフ項目以外、ほぼパーフェクトじゃないですか...(泣)


ちなみにこれは、「ビスケット・シリウス」の究極SRを持つチームリーダー、緋ノ宮二穂とほぼ同じグラフ構成。

見方によっては、伊緒ちゃんのほうが上かもしれません。

これを見ていて、椿芽ちゃんが「はあ...」なんてため息をついているところを見ていると、まだまだ満足できていないご様子。


アルタイル・トルテ...。


これは将来に期待せざるを得ませんね!(白目)



その2:ちょいちょいアプリゲーム要素が紛れていた

例えば、このスク水なんてね。

09

たぶん、初めてスクストアニメを見た人からは「小学生か!」って突っ込みが入りそうですが、古参からすればそんなレベルの話ではないのです。

これは完全にコスネタなのですw

確か、アプリゲームの過去イベントプロローグなんかで、7、8月のPVを探せば元ネタに辿り着きそう。

僕がここで解説しても伝わらないかもしれませんので、気になった方はアプリゲームからどうぞ。


あとは、これ。

23

まさかのパペット登場w

ここでかあ、思ったより早く出てきたよ...。

アプリゲームでは完全にアニメ告知用キャラなんで、ネタ以外の何者でもないのですが、その存在感から隊長にはかなり人気な模様。

写真 2017-01-13 0 01 03
時々、なぜか動きが止まるのがデフォルトの設定みたい。

こうちょいちょい出てこられると、SSを撮るというお仕事もあってなかなか気を緩められませんね。

楽しいので問題ありませんが。


その3:メモカが進化していた

33
引用 : © SQUARE ENIX・スクールガールストライカーズ製作委員会

やったね!

新たなコンビネーションが成功したこともあって、これでマギレオブリくらいは問題なく倒せそうな感じ。

思ったより早くに実装されました。

予想ですが、モルガナイベントあたりで詰むまでは、しばらく早熟SRで行きそうな予感。


今のエピソードでURクラスまでは行ってほしい欲求はありますが、これからどうなるのでしょうね、今後が楽しみです☆

  - スポンサーリンク - 




 

こんばんわ、隊長のナツメです。

本日1月13日11時より、特訓イベントが始まりました。

写真 2017-01-13 20 38 30

今月は年初ということもあって、どのようにスコアが動くのかとても気になりますね。


ブログを頻繁に更新していましたときには、割と暇でしたのでスコアの予想とかしてたのですが、それでも当たらなさすぎたこともあって、今後そういうことは止めることにしました(笑)

なので、僕が書けることといえばあとはスコアに与える要素を具体的に提示してみることくらいでしょうか。

特に、毎年恒例ではありますが1月は様々なコンテンツが発生していることもあって、余計にスコアの推移を読むのが難しいです。

インフレ要因
  • 新春すごろく・福袋による草ストック
  • 各種キャンペーンによる草プレゼント
  • ストライカーズカードスターなどのプレゼントお返しストック

デフレ要因
  • 12月のチーム対抗戦・協力戦の反動

...。



まあ、間違いなくスコアは上がるでしょう(確定)

やはり、スコアが下がる要素がほぼなかった。


先月の特訓イベントは、なんだかんだ特効ガチャ券がほしくて草をそれなりに飲んでしまいましたが、今月は20,000位くらいに入れば良い方かな。


ライバルタイム → フィーバーで草数個浴び

これを数日間隔でやればいい簡単なお仕事になりそうです。


ただこれはやる気がないのではなく、協力戦を見据えての活動になります。

フレンドさまはご了承くださいw

小織ちゃんの特効あっても、アシスト用に収まって終わりですし...。強特効に期待。


ちなみにですが、今月協力戦、久々に弩級を回そうと思ってます。

まあやはり予想ではそうそう溶けないと思いますので、ランキングは狙いませんが、救援のために階級ランキングは維持しようという策は練っております。

やはり弩級をそれなりに回すためには、フレンドさまのお力が必要なので、早いうちに募集をあげておこうと思いますm(_ _)m

写真 2017-01-13 21 16 04

フレンドさま募集条件
  • 弩級レイドを回せる方
  • ATK110万以上(特効込みでも可)
  • 階級ランクA以上維持できる方(初日D以上)
  • 救援・放流が多い隊長がお好み
ナツメ隊長の活動予定
  • 弩級レイドをメイン放流
  • 特効メモカは引ければ付けるかもしれない
  • 階級ランクA以上(目標はS維持)
  • 夜の0パン救援はおまかせを
こんな感じで、レイド直前まで募集する予定です。

よろしくお願いいたします。


特訓イベントの話に戻りますが、ストーリーはバレー特訓ということで、伊緒ちゃんの独壇場ですね。

今月のEXRを必死で取りに行った僕やまなちゃんからしたら、バレーコスということでとても充実する1月となりそうです(白目)

写真 2017-01-13 19 51 37

写真 2017-01-13 20 16 45
まだ伊緒ちんメモカ来てないけど、遥ちゃんアタックはやばそう。

そんなわけで、相変わらず内容が薄いブログではありますが、今月もよろしくお願いいたします。


あ、あと今夜24:30からは、abemaTVなどでスクストアニメ第2話の放送日ですので、お見逃しのないように☆

写真 2017-01-13 0 01 03

写真 2017-01-13 20 12 52

ARにも期待!

   - スポンサーリンク -



P.S.
そういえば、桃山ひなせさんのスクストマンガ、なかなかの人気なようで、Amazonでは完売中のようです。書店にもなかなか無いようなので、少しでも早く読んでみたい方は予約してしまった方がよいかもしれませんね。



 

こんにちは、隊長のナツメです。

本日は、早朝からヤボ用があったこともあり、Twitterで告知されていました特製メモカシールの配布場所である、特大ポスターの設置場所まで行ってきました。



僕はわりと新宿駅には近い方でしたので、朝の5時前に起きまして向かえばまあ着く距離です。

というか、こんな時間に起きたの久々w

そんなわけで、現場に着いたのは大体5時50分ごろ。

まださすがに早いし、ポスターの前でしばらく待っているわけにもいかないしなあ、なんて思いながら近づいてみると、



2、30人くらいの群衆が、ポスターの前でベリベリやってました。

しかも、すでにシールらしきものがほとんど見えないww

さすがに大人気ないと思いながらも、小走りして残り物だけいただきましたが....、これはほとんどの人には行き渡らないだろうなと思いました。

それから全てなくなるのに、1分かからなかったと思われます。

写真 2017-01-09 5 56 52
きれいに剥がされた後の巨大ポスター(ヨコ20メートルあるらしい)


「配慮」任せはあぶない

僕もさすがに、朝一の6時であそこまで人が集まるとは思ってませんでしたね。

せいぜいガチな数人くらいは待機しているかもしれないって感じです。


なので、当然あれだけ人が集まってしまえばすぐになくなってしまうでしょう。

僕はブログ書いていることもあるので、眠い目こすってとりあえず現場に行きましたけど(笑)

スクストがそれだけ注目されていることは、本来良いことであるんですけどね。


ただ、Twitterなどで情報を集めてみると、

  1. どうやらメモカシールは2,000枚ほどは用意されていた模様
  2. 現場にいた隊長の報告から、一人で数十枚ほど取っていた人もいた
  3. また(想定より人が集まってしまったからか)警備員が予定時刻よりも早く開けてしまっていた
ということまでは把握しております。


このことから、隊長の中には遠方から移動中にシールがなくなってしまうという事態に、大ブーイングが巻き起こっているわけなのですが、まあ気持ちはわかります。

結果的に、今回はあまり良い方向に行かなかったかもなあと思っているのですが、良い機会なのでここで何が問題だったのか考えてみることにしてみます。


まず先ほどの情報の 2.に関してですが、こういう人は必ずいます(笑)


まず、限りあるメモカシールを一人で数十枚も持って行ってしまうということは、どう見てもモラル的にはアウトですが、今回は残念ながらそういう行為を禁止にしておりません。

あくまで、周りに配慮した数にしてください、とのアナウンスです。

だから、突き詰めてしまうと10枚はどうなの?5枚は?ということになって、収束がつかなくなります。


なので、マナーが悪い人に愚痴を言っても解決しません。

そういう行為を厳格にやめさせるには、ルールを厳しくするとか、購買ルートで回すということにならざるを得ないのです。

つまり、さらにコストをかけないといけなくなるので、こういうイベントが起こしづらくなってしまいますよね。

僕もこいつらセコイなあって思いながら見てましたけど(笑)、そういうタイプの人に詰め寄ったり、晒したりするのはマナー違反のヤツらと同類になってしまいますし、生産的でもないのでもう忘れることにします。

運営としては、思い切ったイベントで周知させるという試みだったと思いますが、やはりキャラものを配るという隊長の心を揺さぶるイベントだっただけに、もう少し管理が行き届いていればなあって感じがしてます。


モノよりも「体験モノ」が欲しい

「モノ」を配ってしまうから、行き届く人と届かない人に差が出てまう。

正直今回、僕がビビってしまったのは、スクストのポスターにかなりの人が集まっていたこと。


つまり、それだけユーザーであったり認知度がかなり深まってきたことの表れで、これはとても良いことだと思いますし、それだけスクストに期待している人が多いということでもあるわけです。

それだけに、分速でシールがなくなってしまったことは良いことでもあるけれど、ゆき渡らなかった人に後味が悪い雰囲気となってしまったわけですね。

やはり、無料で配布するならば配る人が必要だと思うし、できれば何か消費をしたモノにおまけで付いてくる、くらいの方がやはり間違いないのではないでしょうか。

(個人的にですが、リアルな実寸大メモカ作ってくれたなら、お金払っても買うかもしれない...w売ってないのかな-_-)


例えばですが、ARに特化してアピールしてみるとか、毎日更新でポスターのQRコードみたいなものをスキャンすれば、レアガチャ券もらえるとか、せめてそっちの方が定期的な集客があってよかったかもしれません。


まあ実際のところはたぶんですが、アプリやアニメの更新や告知が精一杯で、ちょっと突っ込んだ取り組みまではなかなか手が出せないような気がしておりますが...。


もしシールを配るなら、やはり地下鉄のポスター前はきついでしょうね...、人混みができると整理が入りますし、放っておくとこうなってしまうので。

まだ秋葉原あたりでブース構えて、スクストのプロフィール画面をコンタクトにシールを配るとか、ツイートしたらもう一枚とか、やったらもう少し違ったかもしれません。


どのみち、イベントって手間暇とお金がかかってしまうのですね。

でも、ここまでダメ出ししておいてなんですが、僕は運営を応援しているつもりですし、こんなイベントはいらないとまで思ってはいません。

挑戦に失敗は付き物だし、次はどう改善されてイベントが開催されるのか、楽しみでもあります。

他のつまらなくなって辞めてしまったアプリゲームのように、横並びになってほしくないという気持ちがあるからなのかもしれません。

だから、どうしても期待してしまうのかもしれないですね。





 

こんばんわ、隊長のナツメです。

2017年を迎えて、仕事始めから最初の連休ですね。

まだお正月気分が抜けていない方にとっては、3連休でしっかりといつもの感覚を取り戻したいものです(笑)


では、表記の件。

僕は前回のブログで、「[スクスト]EXRガチャはチャージ分揃えておかないと大火傷するというお話」を書かさせていただきまして、1月3日の時点でチャージ率100%でほぼ爆死状態でした。


最大チャージまで2/3を回してもUR以上は1枚も出ないのですからね...。さすがに諦めていました。

正直、当時の時点ですでに予算オーバーでしたし、まあ、辛かったですね。

数日間は、辛すぎて食事も喉を通りませんでした...(←さすがにこれは嘘です)。



まあいつまでも引きずっていてもしょうがないので、状況を少し整理してみることに。
  1. EXRメモカは、URよりワンランク上のレア度と能力が備わった現状では最上級のメモカ。
  2. もしURと2枚挿せるようにできれば、ほぼスタメン以上の戦力となるのは確実
  3. 問題は、最大チャージ150%まで投げた場合にリターンとリスクはどの程度あるのか
1.と2.は現状の確認。

本題は3.なのですが、

・最悪パターン
 ガチャでUR以上が1枚も出ずに終了し、チャージ分だけでEXRが1枚。
・理想パターン
 ガチャでURかEXRどちらかが1枚程度は出てくれて、チャージ分でEXRを1枚。

と予想。


最悪パターンのガチャ90kで「EXR」1枚だけはさすがに痛いけど、現状の60kで「UR」1枚の方がひどく痛いな...と思うようになりました。

他のイベントである「すごろく」や特訓、協力戦、また来月のイベントもほぼ捨てることになるけど、すでに今、手持ちであるほたるんのEXRの恩恵を鑑みると、こうなってしまった以上は引けない状況になっているんですよね、すでに。

そんなわけで、とりあえず最後まで引くことに。



....。




写真 2017-01-05 0 01 58

写真 2017-01-05 0 02 06

...は?わりとすぐに出た、URif。

気持ち的にかなりの追い風に。

これで最終チャージまでいければ、URif + EXRの2枚挿しが可能。


なおさらここで引けなくなりましたが。


続けてガチャ、ガチャすることに...。



...。






写真 2017-01-06 21 06 26

写真 2017-01-06 21 06 32



....まじかww


これ、チャージ分ではありません、ガチャで出ました。


野球で例えるなら、0-3で負けている状況からの代打満塁ホームランです。→ 4-1


これ、統計的にはわかりませんけど、わりと奇跡的な確率ではなかったでしょうか。

というわけで、残り30kから、
  • URif:1
  • EXR:1
がガチャれました。

しかも、ガチャった日がアニメ放送(放送日が金曜なので1月6日)の日だというミラクルwww

写真 2017-01-06 21 06 54


☆アニメ化おめでとうございます☆!!!

という調子の良い猫、ナツメ隊長でありました。



結果:
  • UR:1
  • EXR:2(チャージ1)
写真 2017-01-06 21 29 03

写真 2017-01-06 21 30 11

写真 2017-01-06 21 30 20

写真 2017-01-06 21 30 35


これは結果的にですが、「勝ち」ですね。

元は取れたと思います。

なんせ、たった2日間程度で、僕のスタメンでトップストライカーに成り上がったのですから(笑)


写真 2017-01-06 21 33 50

伊緒ちん、強いっす...。

しばらくの協力戦は、特効メモカの代わりに救援頑張ってもらいましょうか。

これで、優等生なのになぜかアシスト入りすらできていないという、僕の境界でのパラドックスが解消されました。




...ただ、やはりよほどの余裕がない限りは、もうEXRガチャはやりたくないですね。


出ない時の敗北感が、半端ない。


僕は(モニカから運をあやかったのが勝因か...)最後にたまたまうまくいったからこういうブログで締めくくれますが、やはり途中で諦めてしまうようなら文字通り「爆死」して、なにも残りません。

しかも金額が金額なので、下手すると爆死→引退の危険度が本当に高い。


自戒の念も込めて、最後にこれだけ言って閉めたいと思います。


ツイッターで、ガチャ勝利の報告がある裏には、おびただしい数の「爆死」が横たわっていることを、僕らは忘れてはいけないのだ。


以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました<(_ _*)>



 

こんにちは、隊長のナツメです。

とうとう始まりましたね、スクールガールストライカーズ - Animation Channel。

37

僕は視聴しやすいAbemaTVから観ていました。見逃し再放送もありますし、チャンネル予約もできて無料で観れるので、オススメ。僕は少しでもでかい画面で観たかったので、PCのブラウザから観てましたが(笑)

unnamed
[地上波同時]スクールガールストライカーズ
毎週金曜 24:30 ~ 24:56

また、わりと仕事スケジュールがカレンダー通りの方にとっては、花金の夜中(24:30)に放送するというのも、視聴障壁が低くなっていて良い時間帯だと思います。


で、スクストアニメの定番な感想や考察は、ツイッターやブログなどで散々コメントされていると思いますので、ここでは僕なりの視点で書き留めていこうと思います。

せっかくなので、アニメ画像を交えて進めて行きましょう。

それではよろしくお願いします。


※ここから壮大なネタバレが書かれております。ネタバレされると心肺停止が危惧される体質の方は、ここから撤退していただくことをオススメします。万が一死亡してしまった方の救済措置などについては、管理人は一切放置させていただきたいと思いますのでご了承くださいませ。




               -----------------------------------------------------------




1. まずはスクストアプリの「エピソードⅠ」をチェックがオススメ

スクストのアプリゲームにもちゃんとストーリーがありまして、キャラそれぞれのストーリーともう一つは「メインストーリー」がゲームでも描かれています。

現状では、ゲームのメインストーリーは「エピソードⅡ」までが作成され、そちらが1月でほぼ完結されていると思われます(確認中)。


1月6日深夜の初回のアニメ放送では、「エピソードⅠ」のアルタイル・トルテが結成されたばかりのシーンが再現されています。

いわゆる、「初期参入組」隊長方が進めていたころのストーリーですね。

もしアニメ放送をご覧になった方で、ストーリーのネタ要素にイマイチぴんときてなかったり、もう少しストーリーを深掘りしてみたい方は、アプリゲームのストーリー「エピソードⅠ」を少しでも進めておくとじわじわ来ると思われます。

写真 2017-01-07 12 09 30

正直、僕はスクスト1周年記念からの参入隊長なので、初期エピソードはわりと読み飛ばしてしまいまして、そういえばそんなことあったような...って感じになってましたw

今度、じっくりエピソードを予習しておかないといけませんね...(((*Oдo;)



2. 椿芽ちゃんのそばにいた猫(隊長)の動向

どうやら、アルタイル・トルテが結成されて間も無いタイミングであるので、ストーリー上ではまだただの猫である模様。

29

僕の予想では、この現状では「ただの猫」が、アニメのストーリーが進んで行く上でかなりのキーポイントになると思っています。

なぜなら、今後様々な困難を乗り越えていくシーンが描かれていく上で、その困難を誰の手助けがあって乗り越えていくかで、スクストアニメの印象がかなり左右されるからです。

ゲーム中では、まあある意味当然の流れですが、隊長の存在がキーとなってエピソードⅠを終えています。

アニメもゲームと同じような展開になるのか、もしくは基本的に少女たちだけで物語を完結することになるのか、とても気になっております。


下手に隊長が描写されると、イメージが壊れるような気がしなくもないですからね...。こういったことを考えていると、シナリオライターやらディレクターって大変なお仕事だと感じてしまいますw


3. 新メモカは追加されるのか

個人的に期待したい要素。

アプリゲームのストーリー「エピソードⅠ」では、(コスから予想して)基本的にアルタイル・トルテに関しては「弱SRメモカ」までの描写しかされなかったと記憶しています。

今回のアニメでも、その描写ベースは変わらないのでしょうか。

戦闘シーンが爽快だっただけに、新型オブリの出現と、それに伴う「新メモカ」の実装をストーリーに組み込んでいただきたいものです。

URとか。URifは、さすがにストーリー上きついか。

写真 2017-01-07 14 10 47

ただもしそうなるならば、描かれる要素が膨大になるし話がややこしくなると思われるので、まずは「エピソードⅠ」のストーリー展開を終わらせてから、ということになるかもしれませんが....。

メモカ坊なだけに、このあたりはどう展開されていくのか、要期待であります。(>_<)


4. ティエラ先生は、いつボケるのか

はい、ここもスクスト民にとっては重要な問題ですね。

時空管理官、ティエラ先生。

通常の学校では、「小田切先生」で親しみがある彼女です。

55

なんか、アニメではやけにキッチリしている印象ですが、ゲームでは必ずしもそうではありません。

ボケるし、いろいろ忘れるし、しまいには忙しいと言って李野田さんに事務仕事を丸投げしてしまいます。



もう、ゲームではオブリ発生時に定番のボケ役。


まあアニメでもし、ティエラ先生がボケ役に回ってしまうと、オブリ討伐で緊張感がまるでなくなってしまったり、ツッコミ役が出て来ないと収集がつかなくなったりと、作る側は大変そう。

まあ、ここの設定もさじ加減が難しいそうなので、「もしもの世界」のティエラ先生の中には、そういったしっかりモノの先生もいるんだろうなあ程度に、観ていた方がみんな幸せになれるかもしれません。



5. 「特訓」や「協力戦」の要素は描写されるのか

この描写も個人的には期待したいところなのですが、結論では難しいのではないかと思ってます。

IMG_3142

僕はアプリゲームの初期イベントは参加できていなかったので、最初のイベントはどういった感じかわからないのですけど、少なくともストーリーと明確に連動されるようになってきたのは、「エピソードⅡ」からだったと感じています。


僕が2015年4月からスクストを始めたばかりの印象では、各イベントはどちらかといえば、季節やホットな話題を取り入れていることが多く、ストーリーとは少し離れた展開だったと記憶しています。

ここ最近スクストに参入された隊長さまなら、ストーリーよりも協力戦や特訓イベントなどの方が馴染みが深そうですが、あれはあくまで断片的なサブストーリーと捉えた方がいいでしょう。


レイドオブリやコスイベントのオブリ、また境界の隊長同士で競い合う「特訓」イベントなどは、メインストーリーとはまた別の要素ですからね。

もしエピソードⅡまでアニメが続くと妄想するなら、スペシャルレイドオブリやアマンド参入など、今のゲームシステムに近いところまで描かれると思いますが、そこまでアニメを描くには相当な期間放送しないと厳しそう...。いや観たいんですけどね。


個人的にも、初回スクストアニメは思ったより背景や戦闘シーンの作り込みが精彩で、プロキオン・プティングやココナッツ・ベガの圧巻な戦闘参入シーンも観れて、ホクホクでした。

04

21

あんまり先の話をこれ以上してもしょうがないので、また来週のスクストアニメを楽しみにしながら、アプリのイベントでもシコシコ進めていこうと思います。


このアニメを契機に、またアプリゲームが盛り上がるといいですよね!(競争激化は避けられませんが)



■アニメ画像ギャラリー

なかなかの作り込みで共有したいシーンも多かったので、最後は僕がスクショで撮りました画像をこちらにまとめて置かさせていただます。

視聴率によっては続編で続くかもしれないスクストのアニメ。

隊長のみんなでさらに盛り上げていきましょう☆


32
見慣れた五稜館学園の全体風景。

05
時空管理室。椿芽ちゃんとお掃除ロボットモシュネがオブリを分析するシーン

37
F地点よりオブリ発生のアラーム。

25
時空を行き来するためのステラプリズムが格納された地下。...でかくね?

56
伊緒ちゃんのメモカ挿して変身しているシーン。色っぽいっす。

00
まなちゃん。

04
悠水ちゃん。

07
サトカちゃん。メモカ刺す行為を除けば、少女の変身シーンまんまですねw

46
© SQUARE ENIX・スクールガールストライカーズ製作委員会 より引用


あとで気づいたんですが、つい見入ってしまってオブリの戦闘シーンはほぼ撮り逃してしまいました。不覚...。

しかしまあ、これで週末の楽しみがまた増えましたね。


僕的には、美山椿芽ちゃん(cv.石原夏織さん)のボイスが、ゲームから引き続き安定していて落ち着きます。

あんまり他のアニメを観ているわけでもなかったので、新鮮でいいですね。

そんなわけで、続編に乞うご期待であります。



 

こんばんわ、隊長のナツメです。

今日は今さらの話かもしれませんが、なんとなくフィフスフォース・メンバーのプロフィールを眺めていて、各メンバーの個性ってまとめるとどんな感じになるのかなあと思いまして、少しまとめてみました。

新しくアマンドのメンバーも加入されたことですし、改めて全36メンバーをざっくり性格別にカテゴライズすると、また違った見え方が出てくるのかもしれません。


それでは、早速性格ごとにまとめてみましたので、ご覧くださいませ。
※基本的には、今回はスクストのプロフィール欄、性格別に☆が一番右、もしくは一番左に寄っているメンバーを載せております。また、モルガナは不明扱いですが、一応メンバーなので人数にはカウントしてます。


■プロフィールの性格別リスト

1.勉強

☆得意
夜木沼伊緒(トルテ)、緋ノ宮二穂(シリウス)、神無木栞(ミラ)

▲苦手
栗本遥(プディング)、棗いつみ(プディング)、フェイ(アマンド)

コメント:
主に学業の成績を基準として「頭脳」を測っていると思われる、「勉強」の得手、不得手。
36人中、それぞれ3人しか偏りがないため、五稜館学園女子の学業基準は高めと想定される。
しかし、逆に苦手メンバーのなかでも、プロキオン・プディングから2人選出されているということで、リーダーの天音や真乃のバランス力がかなりチームの運営に貢献していることを物語っているように感じられる。いつみちゃんが「苦手」だった、というのはちょっと意外。



2.運動

☆得意
夜木沼伊緒(トルテ)、栗本遥(プディング)、高嶺アコ(ベガ)、ターニャ(アマンド)、フェイ(アマンド)

▲苦手
澄原サトカ(トルテ)、桃川沙々(プディング)、灰島依咲里(シリウス)、千年夕依(ミラ)、ノエル(アマンド)、降神小織(アザーズ)

コメント:
女の子らしく、やや苦手なメンバーが多い構成。
得意メンバーを見ると、学業と並び伊緒ちんの万能ぶりが飛び抜けて見える。まあ、バレー部のエースアタッカーだしね...。同じ得意と言えど、短距離走に限って言えば、ぶっちぎりで遥選手の圧勝でしょうが。

また運動の得意 - 苦手と横断的に眺めてみれば、それぞれ「高嶺アコ&澄原サトカ」、アマンドでは「ターニャ、フェイ&ノエル」のメンバーが、それぞれの長所と欠点を補完しているように見えます。


3.感性

☆論理的
夜木沼伊緒(トルテ)、李野田真乃(プディング)、雪代マリ(ベガ)、不知火ハヅキ(ベガ)、山吹楓(シリウス)、ターニャ(アマンド)、降神小織(アザーズ)

★直感的
澄原サトカ(トルテ)、桃川沙々(プディング)、灰島華賀利(シリウス)、フェイ(アマンド)

こちらの性格分布では、打って変わって「論理派」が多数。
さすが、フィフスフォースの選抜メンバーである。
各チームに満遍なく論理派のメンバーが在籍しており、特にココナッツ・ベガメンバーの情報処理能力がやや秀でてるか。

また、感性に関しては「得手・不得手」の問題ではないため、直感派にも注目。
サトカが意外と「直感派」に振れているのは意外。どちらかというと全体的に天然なメンツがこちら側に揃っている模様。
各イベントにおいても、カギを握るのが論理派ではなく直感派であったシーンも何度かあったため、今後のイベントでの動向が気になるメンバーでもある。



4.生活

☆マメ
沙島悠水(トルテ)、棗いつみ(プディング)、賢宮ほたる(ミラ)、降神あから(アザーズ)

▲ルーズ
澄原サトカ(トルテ)、桃川沙々(プディング)、緋ノ宮二穂(シリウス)、フェイ(アマンド)、降神小織(アザーズ)、ティエラ先生(アザーズ)

こちらは戦闘とは関係なく、彼女たちの生活感が垣間見れるパラメーターである。
マメなメンバーは、「お母さん気質」な包容力があり、かつおせっかいでもあることが多い。また、料理が得意で「〜会」イベントやホワイトデーイベントなどに引っ張りだこな、他のメンバーだけでなく隊長にとっても精神的に不可欠な存在。

ルーズメンバーはまた、独特なメンツですね。
ただクレクレなイメージというよりは、支えてあげたいと思えるメンバーが多いのも事実。二穂のルーズさが、ほぼストーリーに表立っていないことを考えると、ビスケット・シリウスのフォロー体制レベルが首相官邸並みに整っていることの表れだと思われます。

ティエラ先生は...、まあコメントは差し控えようと思います。


5.性格

☆社交的
菜森まな(トルテ)、不知火ハヅキ(ベガ)、賢宮ほたる(ミラ)、フェイ(アマンド)、降神陽奈(アザーズ)

★内向的
雪代マリ(ベガ)、居吹イミナ(ベガ)、蒼井雪枝(シリウス)、ターニャ(アマンド)、田中幸子(アザーズ)、降神小織(アザーズ)

「社交性」パラメーターですが、僕の理解では「チームの垣根を越えて、多くのメンバーと積極的に交流をしようとするか、否か」の差だと思っている。こちらはやや、「内向的」なメンバーが多め。
社交性が高いメンバーを見てみると、チームをまたいだ交流が多いからか、イベントでよくみるため馴染みが深いメンツ。テンション高め。しかし、不知火ハヅキ先輩って社交性高めだったのですね...(笑)

内向的なメンバーは、どちらかといえばすぐにコミュニケーションを取ることよりも、自分のなかで「論理的に落とし込む」作業から入ることが多い印象。
そのため先ほどの「論理派」と被るか、そっちよりのメンバーがやはり多いので、まあ短所というより特徴と言っていいでしょう。
イミナちゃんが意外にこちら側。また、雪枝ちゃんは最近のイベントを見ている限り、「内向的」からは脱皮したように見えなくもないのですが....、まあ単に僕がお付き合い長いからそう思ってしまうだけか(笑)



6.(わりと)アベレージなキャラ

美山椿芽(トルテ)、杏橋天音(プディング)、東雲リョウコ(ベガ)、末葉あおい(ミラ)、若月チカ(ミラ)、シャルロッテ(アマンド)、モニカ(アマンド)

こちらは上記のプロフィール一覧で、パラメーターがどちらにも振れなかった性格の持ち主をまとめています。
特徴がない...わけでもなく、わりと人気上位メンバーがおります。安定感が良いという裏返しでもあるのでしょう。特に東雲リョウコちゃんは、もはや「ザ・アベレージ」ということで自他共に定着しているので、よくいじられているくらい。
性格もバラバラですし、たまたま極端に特徴が出なかったというだけでしょう。
ややチームリーダーが多めなのも、突出した能力のメンバーを補佐するにはうってつけ、ということがあるのかもしれません。

写真 2017-01-03 16 43 11




7.良くも悪くも目立つキャラ

ここまでご覧になって勘の良い方や、プロフィールをよくご覧になっている隊長は、もうお気づきだと思いますが、このプロフィールのまとめるにあたって、すべての項目でギュンギュンに振れているキャラがおりました。

僕も、まとめていて初めて気づきました。

写真 2017-01-03 14 05 37

フェイちゃんです。

いやあ、そりゃ目立つわけです。

アマンドが参戦する前には、わりと織神小織ちゃんのプロフィールが目立っていたのですが、とうとうコンプリート娘が出てしまったか...と驚愕しております。

まあ彼女の思惑通り、確実にファン層が増えてきているようですし、ノエルとの絡み合いが結構ツボなので、僕的には今後も楽しみなキャラでもありますね。





以上、プロフィールを基準にした彼女たちの特徴をまとめてみました。

隊長たちのスタメンや推しメンメンバーは、どのパラメーターに振れいてる子が多かったでしょうか?

今後のストーリーを見ていく上でも、なんとなくプロフィールを頭に入れておくだけで、見え方が変わったり気づきが増えていくのではないでしょうか。

スクストのストーリーやイベントもそうですが、これからはアニメ放送もされますので、今一度じっくり見てみることが良いかもしれません。


それでは、明日からお仕事の隊長も多いでしょうから、疲れを残さないようにまた頑張りましょう☆