一匹猫の葛藤 - サラリーマン編

まだまだ見習いエンジニア。福島県→東京→神奈川在住。クルマディーラー営業→なぜか解析のチームリーダーやっている。「スクスト」は隠居中。「崩壊3rd」「アッシュアームズ」PCは「Wot」やってます。好きな言葉は「テクノロジーが世界を変える」

【管理人紹介】ナツメ 福島出身30代。
意識高い系を目指していたが、どう間違えたのかただのゲームブログと化している。仕事忙し過ぎて更新してません。
★崩壊3rd:艦長Lv.max微課金勢。
★Wot(PC):主にTier5~8が主戦場。ここぞというときに弱いので場の空気は冷えがち(^q^)
★スクスト [一匹猫]ナツメ 2015/4着任。現在隠居中。


仕事から帰宅して、ご飯平らげPCをポチッと。


最近、このループから抜け出せない、あおのです。

メールやらメルマガ、ニュースなど気になることだらけで、立ち上げずには居られない毎日。
スマホで済ませられる用件ばっかですけど、やっぱりスマホ画面小さいよね。。

今月発売したiPhone6だと、ノーマルで4.7インチでアップすることもあり検討したけど、口コミ見るとバグやら何やらで大変そうですね。改善するまでは買わないでしょう。

PC系のトラブルは発狂してしまうほど処理は苦手ですので、今の小さい画面でしばらく我慢します。

まあ、トラブルが収束に向かえば、そのうち買ってしまうのがいつものパターンなので。



話戻しますが、タイトルの「仕事とプライベート」について。


みなさま、どうお考えでしょうか?


最近の傾向ですと、プライベートを重視する考えが割と一般的になったこともあって、休むときは家族や友人とゆったり過ごし、仕事はしっかりこなすというメリハリを効かせたスタイルの方が多いのかと予想しております。

それでも、有給休暇取得率や育児休暇のそれをしっかり取れてる人はまだまだ少ないんだろうね…



で、私の考えを申し上げますと、

好きな(やりたい)仕事をしている人は、プライベートと共有して仕事をしている。
嫌いな(できればやりたくない)仕事をしている人は、仕事とプライベートを完全に割り切って考えている。



傾向かなと分析。仕事好きな人って、そもそもプライベートと仕事の区分けすらしてないこともあるんだと思いますが。



今はプライベートと分けて考えている方がやはり大多数を占めているかと思いますが、これから高齢化とグローバルな傾向にある社会で、生涯働くことが前提になりつつある今後は、プライベートと仕事をいかにつなげながら仕事をしていくかが、重要になってくるかもしれません。


仕事は仕事、と割り切ってしまうのは簡単ですけど、上に書いたようなプライベートと共存できる方は、人の出会いも含めて仕事に組み込めてしまうので、結果として生み出せるものにできる差はどんどん広がってしまうからです。


これは、自分にも言い聞かせていることではありますがw

やはり少しでも好きな仕事に就けることは幸せでしょうし、スキルアップを前向きに行いやすいことは、精神的にも障壁は低くなりますので。


夢中になって作り出したもので、且つ人が欲しがるものを提供できることが、本来のお仕事だと思っておるのです。



まあ、そうそう簡単にはできませんけどね。



私は勿論、能力的なことも含めて今の仕事には満足しておりませんので、どうしたら自分の満足できるポイントに近づけられるか、常に考えるようにしているつもりです。


結局は自分にとって、いかに「楽しい」か「面白い」かが肝なんでしょうけど。




まだまだやり足りないし、時間が足りないのです。



助けて下さい。


がんばります。





ではでは、みなさまにとって、充実した週末を!







(ちなみに私にとっては仕事柄、稼働しまくりの土日でございます。)




あおの ひろと



 


だいぶ今宵も蒸し暑さが通り過ぎて、夜明けは予想以上の肌寒さ。

朝起きると必ずくしゃみしての、お目覚めです。もう毛布1枚の季節じゃないな…。

肌寒い季節ですが、気持ちは暖かくしていきたいですね!


と、思っていても現実はなかなかそうはいかなかったりしますが。


タイトルの質問、みなさまはどう答えますでしょうか?



私の庶民を相手にした商売感覚では、


景気なんて、良くなっておりません。


といいたいですね。


まあ、良くなったところで生活が充実するかといえば、疑問でもあります。


「アベノミクス」やら「金融緩和」とかいう言葉が政権交代後にやたらと出てきましたが、結局は今出てきてる問題を後回しにしてるなと感じてます。

国の借金は増え続けてるし、少子高齢化だし、医療費や生活保護費は増える一方。

現状を冷静に考えれば、景気が多少良くなったところで問題は改善しないかと思うのです。

年功序列やら、変な規制がかかってるとこを変えていくかないんだろうけど、このままの流れだと変わることはないんだと思います。



で、私の考えとしては、景気なんかそんなに良くなんなくてもいいんじゃない、と割り切っちゃうことです。

だって悶々と、景気が、景気が…!って言い続けてるのって、意味ないじゃないですか。それで変わるなら苦労しないけどw

苦労している人も一杯いるだろうから、完全否定するのもよくないんだろうけど。
結局は、今の現状を自分なりに生きるにはどうするかってことを考えるしかないと思うんだな。

アジア全体で見ると、食事に困ってる貧困層なんて逆に山のようにいるんだし。
下を見たらきりが無いと思うので、ちょっと上を向きませんか、と。


どうせどの時代も、あのときは良かった、ってなるんだし、今は今で、ネットが世界に普及したこともあり、本気で仕事や遊びをしようと思って行動する人にとっては、非常に世界が広がりました。
YouTubeに投稿すれば、世界の方々が見てくれますw(アクセスしてくれば、ですが)


なので私は最近、景気が、ということは言わないようにしています。

自分のことを隅において言ってるだけの、薄っぺらい感情論でしかないですよね。


今の自分は、どうすればより良く、楽しく生きていくことができるのか。



そんな答えに、景気は関係ないと思いませんか?



どうせ一度きりの20代、30代、40代、50代…。




自分だけの、人生っていいですね。


とりあえず、好きなことから始めましょう!


















話変わりますが、これはコーヒードリンカーの私に朗報。




セブンイレブン、カウンターコーヒーを刷新 10月下旬から、競争激化へ

http://news.livedoor.com/article/detail/9291410/


100円据え置きで、味わい向上!これは嬉しい。

セブンのカウンターコーヒーの力の入れよう。予想以上の売れ行きで、かなり本気なようですな。
月に10杯以上はお世話になってますので、これからも素敵な味と品質でリードして欲しい。
飲み過ぎた時の胃ダメージは深刻なので、ほどほどに、ね。





ではでは。




あおの ひろと




 


DSC_8118
※写真の車は関係ありません


実は私、9月から正社員になれました。


約1年間、自動車販売会社の嘱託社員として営業職をやっておりましたが、直属の上司に申請を出していただき、無事了承されたといった流れで。

私から正社員になりたいっ!、と申し出たわけでなく、「まあ数字はあれだけど、頑張ってるからな」という、本当なら多いに涙を流して喜ばなければならない場面ではあったかと思います。



本音を申し上げますと(このご時世にこんなこというと恩知らずとか罵られそうですが)、嬉しい反面かなり後ろめたい感覚にもなっておりました。俺みたいなやつ、正社員になっていいの?って。

あんまり上司に本音ばっかりぶつけてると、そもそもなんでこの会社いるんだ?的なことになってしまうので、この話の打診があったときは普通にお願いしてしまったんですが…。


私が長く勤めることに疑問を感じてしまうこととして、



そもそも、私としては会社のお客さんに対する考え方、接し方のアイデンティティに共感できてません。



これは、私がコミュニケーションが苦手、自分からアプローチする性格でない、という営業に全く不向きなステータスであることも踏まえてなんですがね…。


なので以下、なんとなく会社に共感できない考えを暴露しちゃいますw

本当は納得してないこと全部書きたいんですが、一つ本ができてしまいそうな程ボリューミーなことはそもそもブログで無くなってしまうので、やりません。




まず1つ目


商談予定に上げたお客さんは、必ず契約してくれる(だろ?的なことを言われるw)

それも毎日。
毎日車の契約もらえるんだったら、会社はウハウハでボーナスがっぽりもらって毎日飲みにでも行きますよ。上も普通に考えて分かるはずなんですが、そんな言い方される。だから予定のダミー出したり、それらしい理由をくっつけてだめな理由をいちいち説明する。


はっきり言って、茶番みたいなこと毎日やっているわけです。


そんなこともあるから、無駄な時間使って意味不明の報告させられたり、数字上がって無いくせに定時に帰るのか?的な空気になってる。


なかなか車が売れない時代なんで、一応気持ちは分るつもり。

売り上げ上がんなければ、事業縮小しなくちゃいけなくなるし、最悪潰すしかなくなる。当然、昔ばりばりの営業マンが今の管理職なんで、俺らのときはこうやって売ってたんだ、どうしてできない!!となるわけですが。


それはそれで正しいんだろうけど、今の時代の空気感というか、現場(お客さんの考え)はどうなっているのかっていうのが、わかってないんだろうなと思う。


私としては、体育会系的な「気合いだ」「粘り強く営業を」は、もう古いと思う。
ご年配の方なら、その時代の空気が分かる人も多いから有効だとは思うけど、今の20代(自分と同じ)はそんな感覚ではない。
特に若い女の子とかにねちっこく営業してたら、ストーカーと間違われて通報されちゃうんじゃないの?って思う。

ちなみに、私もひつこい営業マンは嫌w

熱意は時として必要だと思う。
けど、それは相手がこっちを必要として悩んでるときとかに発揮するのがタイミングとして重要なくらいで。
最初から最後まで熱々な人だと、疲れちゃうと思うんだけどな…。


正確に現状を分析して、他と比較し自分にとってお得だと思うものを選ぶ。

まあ、昔から変わんないんだろうけど、今はインターネットで簡単にググれるし、みんな自由に使える手元資金もないから、もう顕著です。少しでも納得いかなかったら買わない。
使えるんだったら、まだ乗るわ!!って感じ。
身内が勧めるからだとか、会社の同僚がとか、そんなんでは保険にも入りません。


だから、そこを踏まえて適切にアドバイスできる営業は強い。
勿論、コミュニケーションも大事。日々の情報も欠かせない。特にネットはみんな見てるから、常にチェックしないと話にならない。

営業マンはそれ踏まえて動いてます。ニュース見るのは当たり前だけど、他社情報を確認したり、自社の特徴を分かりやすーく砕いて説明したり、独自のチラシ作って配ったり訪問したり。

昔はさぼってても売れてたみたいだけど、そんな時代はもうありません。話聞いてると、現場ではそれぞれどうすれば売れるかって必死に考えてたりはするんだよね。


個人でできることは限られる、だから会社全体で売れるには、興味をもってもらうにはと変えていかなくてはいけない。ですが少なくとも上はその自覚が無いようなんです、はあ…。



こんな話すると、「じゃあ、お前が変えろや」と言いたくなると思います。ごもっともですw

自分自身を変えようと意識して働いているつもりですが、自他共に足りないと感じております。
活動も、工夫もね。言うことは簡単だけど、やることは上手くいってない。典型パターンにはまっております。


だから売れないんだと思う。自慢じゃないよw

目標台数以上売って、それなりに偉そうなことでも言ってみたいんですが、その立場にない。
論より証拠。まあ、これも私ってこの会社いれないなーって思う理由の一つですね。




2つ目は、会社の経営マネジメント。


ぶっちゃけ、処理する仕事の割に人少ない。

平日はまあ普通なんだけど、休日はパンクしております。
自分の中古部門は対応するマスがそもそも少ないんで、仕事量が積み上がることはそんなにないんですが、工場とかは大変な状況。これで、労務管理がどうこうだから定時には帰れとか、無理ゲーかw

サービスマンでも辛くって止めちゃう人いるっていうから、まあ真面目な人じゃないとだめだね。
本来は人が足りなくなったら中途を雇うとか、新人増やすとかが人事以上の方のお仕事のはずなんですが、人は減るものの4月にならないと新人しか増えてません。


単純に売り上げが増えてないから人増やせない、でも仕事量はある、っていうことですね。
んじゃ、仕事量を減らすのには無駄をなくそうって方がいいと思うんだけど、最近の傾向だと逆に増えてるし。どうなってんのさ…。
ただでさえぎりぎりのバランスでやってるのに、何かの拍子に崩れたらどうすんの?って思わないのかなあ。
予想だけど、不都合なことは考えないようにしてるんだろうね。


ITで管理行程を店舗ごとに共有して、来店予約や入庫、販売実績をそのまま本部も管理できる体制だとか、紙の提出を減らして営業マンとサービスマンの顧客管理を共有するとか。

店長や営業、工場が報告の数字を作る時間がかなり無駄。
そもそも、会社のPC混雑時に重すぎて動かない状況多数w 忙しいときに落ちるとか仕事になりません。




かなり大雑把にまとめちゃいましたが、私が特に気になる不満な問題をピックアップしました。

でもネットニュース見てると、ブラック企業大賞なんて見てると上には上がいるよね。これって当たり前なんか…って思っちゃうくらい。


でもなんだかんだ自分が在籍してるってことは、まだこれ以外の選択がないこと、ぶつぶつ言う割に居心地良いと思ってる、ここで安定したいとか思ってるんだろうね。


しかし、

せっかくの人生、楽しいことしたい。

どうせ仕事すんなら、やりたいことしたい。

趣味だけ充実とかやだw


そんな訳で、長く勤めるつもりはないです。

接客は大事だし、営業して売るってことはそれなりの工夫が必要だから、その時々の充実感はあったりする。

大事だけどそれ以上に、仕事の意義が薄っぺらかったり、無駄な作業が多すぎる。



ブログを書いたのも、まずはスタートアップ。

ただの愚痴ボードにはしないつもり(もうなってるかw)。

他人の文句ばっか言ってもしょうがないから、自分を買えるしか無い。

それだけです。




長くなってしまいましたけど、こんな拙い内容でもPVくださる方いらっしゃれば、お付き合いください。

それこそ、泣いて喜びますw


もうちょっと勉強して、このブログが何かの役に立つときが来るかなあ。


なんて。




あおの ひろと



 

こんばんわ、あおのです。


最近の福島の夜は寒すぎて、朝鼻水止まりません。クローゼットの奥底にしまってある厚手の布団を引っぱり出すべきか、悩んでもう1ヶ月経とうとしております。別に大した問題ではないはずなんですが、未だに結論はでておりません…。




簡単に認められたので続けた~野々村元県議


はい、話が逸れました。もう全国老若男女知る人ぞ知る例の元県議会、野々村さんですね。

問題の謝罪会見で一躍トップアイドル並に有名になり、2ちゃんねるでは色とりどりの画像コラージュが出回って、ある意味(特定の方にとっては)うらやましい扱いをされておりました、例の方。野々村竜太郎元兵庫県議員。

当時行われた謝罪会見の内容のみ精査すると、収支報告書に記載された政務活動費の不自然な支出を指摘され、その活動内容を弁解しましたということ。
しかし報告書の内容は、3年間で日帰り出張を345回繰り返し、政務活動費から790万円の支出があるなど、一般の認知がある方なら誰でも報告された内容に疑問を呈する程、不可解な請求内容でした。


これだけ聞いただけでも政治家としてはずさんで、税金に対する意義だとか信頼をずたずたにしてしまったわけで、どう見てもクロ。城崎温泉にとか、何回行ってんだよwってなりました。

まあ、城崎温泉がとたんに有名観光地にランクアップされたり、ネット住民のお暇な方々の暇つぶしとして格好の餌食にされてしまったりと、結果としてそれなりの成果を成されたのかなとも思います。
不正使用されたと思われる1834万円は返還された様ですし、しかるべき処分を受けて幕引きかなと思われます。


で、彼だけに限らないんですが、政治家って何してんの?って改めて思った方も多いと思うんですが、正直私も全くノーマークでした。やっぱり興味がわかないとネットサーファーといえど、HPなんてまず見ません。こうした問題になって、ピックアップされたことが話題になったり、政治家自身がFacebookとかで発信していかない限り、我々の関心の完全に蚊帳の外ってことなんです。



で、実際にHPをのぞいてきました。私は福島県民ですので、福島県議会になりますね。
http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/gikai/


まあ、思ったよりまとまっていた印象ですが、隅々まで見る気にはなれなかった…。
選挙には時々行くようにはしているんですが、ほとんど知らない人ばっか、って感じで政党くらいしか見ずに票入れちゃったりしてました。反省しております、はい。


所属議員をちょいちょい見ていくと自信のHP、URL記載がなかったりと…どこの時代を生きているのか考えを聞きたくなったりした次第でありました。


第2の野々村様を製造しないためにも、年に1回くらいは活動内容や政務活動費用なんてくらいはチェックした方がいいのかな、と思ってしまうが(そのくらいしか調べるというエネルギーを使う気が起きない)。


今だと、福島県は原発事故後の対策費用がわりかし予算として計上されているようなので、このような関心ごとからチェックしていくことが肝かもしれません。毎年比較していけば、進捗状況なんて見えてくるかもしれませんしね。



そういうことで、政治家というのはいとも簡単に税金をあれこれ理由を付けて、簡単に上手い蜜ってことでしゃぶれしてまう存在だということが非常によく分かりました。世渡りが上手い議員さんばかりだと、なかなか表に出てくる機会がありませんからね、氷山の一角ではないでしょうか。
兵庫県議会が早々の幕引きを計ったのも、やはり彼だけではなさそうなにおいを漂わせている気がしております。



改めまして野々村元議員様、お疲れ様でした。私に政治への疑いと微々たる関心を読んでくれたことに深い感謝を申し上げると共に、今日のブログを閉めさせていただきます。



しかし野々村さん、これからどうやって生活していくんだろう。
顔ばれ激しいから、しばらくは有名人のごとく、サングラスに深い帽子でもかぶって出歩かないといけないのだろうか。
正直自分には関係ありませんが、少し心配です。
まあ、ストレス発散には泣くことが手っ取り早いようですからね。大の男にはなかなかできない。それを謝罪会見であっさりやってのけることは、一つ才能ではないでしょうか。そのメリットを生かしてこれからも力強く生き続けていただきたいですね。

余計な話でした。それでは。



あおの ひろと


 

モデム

モデムの不具合(と思われる)光通信が途絶えてだいたい3週間、スマホのテザリングでなんとか快適に通信できてましたが、とうとう通信量6Gを超えたとの悪魔のお知らせがスマホにきてしまった…。

さすがに長期契約で光フレッツを契約しているので、そのまま寝かせとくわけにもいかなくなり、昨日光故障受付デスクにヘルプコール。

あちらから通信状況を確認してもらって限りでは、住居までの通信には以上無い様子。

出張して確認してもらおうにも互いの都合もつかず、とりあえず同じレンタルのモデムを送ってもらうことに。
コールセンターの子、最初いろいろ考えてた様だけど、話わかる方で非常に助かります。土日休めない仕事だし、次の休みまでとか言い出したらスマホが来月まで持ちません。

で、翌日の夜に配送お願いしてましたので、早速今日届きました。この届くテンポ、Amazon以来ですね。

光契約でレンタルしていたモデムは、VDSLモデム「VH-100「3」」。

IMG_1769


届いたモデムはモデルチェンジしていたww 「VH-100「4」」になっておりました。



モジュラケーブルやらLANケーブルもしっかり同梱されてましたので、まとめて取り替え、再接続。電源を繋ぐと、おお、しっかりLINEランプまで光りました。

IMG_1770


ここまでくれば、問題は解決。我がMacbook Proに接続して無事、ネット復旧しましたよ。

余計なルータやら中継させてなかったので、モデムか、いずれかのケーブルが問題だろうなと予想できていたのでスムーズに行けましたね。シンプル、イズ、ベスト。

光通信を開通させてまだ3ヶ月、このタイミングでモデムが落ちてしまったので、おいおいと思いましたが、元々急に通信が落ちてしまうことも頻繁にあったので、やはりモデムが原因ではないだろうか。
結局開けて見る訳にもいかないので、原因は不明。今のところ通信状況は良好なので、しばらく様子を見ることにします。

しかし、NTT東日本の対応が想像してたより早かった。

無事ネット再開通もできたので、今回好感度でした。このアフターであれば、そんなに利用者が離れてくってこともないんじゃないかな?まあ、対応するオペレーターにもよるかもしれませんがね。今回は当たりでしたw

そんなわけで、NTT東日本様には今後とも末永いお付き合いをよろしくお願いしたいということで、今日のまとめとさせていただきます。



話変わるけど、テザリングといい最近の通信環境の向上は著しいよね。そのうち山奥でもLTE並みの通信ができるようになる気がしますね。
もうネットを渡り歩けるようにならないと、いろいろ損してしまう時代ですからね。私もその波に乗り遅れないように頑張ってついていきたいと思います。

それでは、また明日。


あおの ひろと



 

こんばんわ、あおのです。

徐々にブログに慣れてきたような気がする今日この頃ですが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?


今日も気になるニュースから、ちゃちゃ突っ込みをしてみようかなと思います。





「ウチの社内SNSは活発だ」――そんな企業がコミュニケーション不全に陥った“2つの原因”

http://news.livedoor.com/article/detail/9261399/


もうワールドワイドに世界中の方々に愛用されているコミュニケーションツール

Facebook、Twitterなんて、スマホユーザー以外でも知らない方はいないんじゃないかと思うくらい、流行っています。

友人との会話から、今では会社さんでも使ってみようと活用範囲が広まっているようですが、みなさんの会社ではどうでしょうか?(ちなみにですが、私の勤めてる会社では全く利用する気配ありません。ようやくiPad導入したりしたかと思えば、つまらないアプリ作って使えって…。はい、使えません出直して下さいって感じなのです。)

こればかりはネットリテラシーまで絡む問題なんで、プライベートならいざ知らず会社の業務に使うのは、それなりのネット上での感覚や知識が必要かと思います。

メールならば、コミュニケーションというよりは業務通達、確認を交互に行う個人とのやり取り。

多少固いこと、きついこと書いたとしても「上司から、部下」への形式としてある程度まだ受け入れやすいんじゃないかなと思います。「仕事だから」で、それに対してのそれなりの返答をまとめて送り返せばいい、とかね。

でも「コミュニケーション」のウェイトが重いSNS、ソーシャルツールだと「本音」なのか「仕事だから」つぶやいたのかわかりづらい。
まあネット経由はテレビ電話でもしない限り、顔が見えないから当たり前だけどね。で、それが不特定多数に見られるから、名指しはよっぽどコミュニケーション取れてないと嫌がられる可能性大。
特に役職が高クラスで、権限持った人なんては人一倍そこ理解しないとだめだと思う。自分に置き換えても、部長からつっこまれて最適解で数分リミットで答えるとか、無理ゲーです。

そんなわけで、SNS様も万能ではありません。所詮はただのツールです。使う方によって最高の環境を生み出せるときもあれば、リテラシーや興味0のためにゴミ同然の扱いで干されてしまうこともあるでしょうから。

SNSを使う目的、環境を鑑みてどのツールを使うのが一番か。ここまで落とし込んで選んだソーシャルツールならば、時間がかかることはあっても失敗にならないんじゃないかな。まあ、失敗してもまた別のツールを試せばいいだけだから、そこは授業料って割り切りも大事かも。

以上が、私としての個人的な考えです。



ちなみに、自分はSNSが苦手です。

理由は簡単で、単にコミュニケーション能力がありませんw

すぐにいい返答がまとまらず、放置プレーに走ったり別の話題にぶっ飛びます。

こればかりはどうしようもなかったので、まあ諦めて別のことに力を注ぐことにしておりますので、


みなさま、どうか暖かい目でお見守りをお願いします。



それでは。




あおの ひろと



 

こんばんわ、あおのです。

今回は気になったニュースをピックアップしまして、かなり個人的な偏見でブログにまとめたいなとおもいます。

第一段はこの記事から。


Amazonや食べログ等レビューサイトの点数に異議「重要なのはレビューのコメント」
http://news.livedoor.com/article/detail/9258099/


これ、読んでいくとコメントされた方がご自身で出版した本のレビューについて感想を述べられていますが、満を持して、えいやっと世に送り出した息子のような本を酷評されてしまうってなかなか堪え難いものなんでしょうね。

批判され慣れてない方ならば、いらっとして報復という反撃砲をぶっぱなしまくって炎上させてしまいたくなるんじゃないかな、と同情してしまいました。

食べログに関しては、筆者はほとんど利用経験が無いため割愛させていただきますね。

で、Amazonですが一般人程度に時々利用してまして、もちろんレビューを少し眺めながら判断材料にはしています。特に競合が多めのラインナップなら、ざっと☆評価を流し見して、気になる商品はコメント内容まで確認。まあ、当たり前なんですが、「どこでユーザーがそう判断したのか(商品そのもの、梱包、配送されるまで、取説、買った方の性格etc...)」を確認します。


私の場合、日用雑貨やバイク用品の利用割合が比較的多いんですが(店頭で買うより割引率が高めなのと、レビューが見れるため)、大手メーカーから全然名前も知らないメーカーまで、相当数の商品、レビューが見れます。

気になった商品のレビューを見ていくと、まあ、見ているだけでも面白いですよね。

☆は5つしかありませんから、ユーザー(もしくは買ってもいないのに予想で書いてるお暇な方)が「これ気に入らないから減点」てやっちゃうと、簡単に☆-2くらいは減ってしまってたりする。

よくよく考えてみると、大多数のユーザーにとっては関係なくね?ってとこが大きく評価減になってたりね。

で、なにが言いたいかというと、別にそれが良くないってことではなくて、商品を選ぶ方のお客さんがそういう玉虫色の情報で出来たものが、Amazonのレビュー(Amazonに限らずだけど)だっていう認識で見た方が誤解しなくて済むのかな、と思います。

当然、ユーザーは目の肥えた評論家ではありませんので、感じたことは素直に書きます。また、重箱に隅つつくような細かい性格の方々は☆5なんて滅多に付けないんじゃないんですかね?

特に人気のゲームソフトのレビューなんか見ていると、もうすごい。かなりの割合で槍が飛んできてますw
実際にゲームやって見て、普通に面白かったりするんですが、自称古株の方の辛口評論で溢れている。特にゲームはヘビーユーザーから、初めて遊ぶ初心者までターゲットがまだら模様ですから、評価だけで面白いか駄作かなんて判断できないと思います。

ちょっとまとまり悪いですが、総括しますと

ユーザーは判断基準がまちまちなので、
1. 個人個人の感覚で点数を付けている(見ている人と同レベルではない)
2. 当然、判断基準が無いと感情も入ってくるため、冷静になったと思えないことも書いてある

それを踏まえた上で、ざっくりと÷2した感覚のフィルターで見てみるのがいいのかなと思います。

そもそも評価なんて参考程度にしかなんないものなんだから、あんまり目くじら立てて批判することでもないのかと。それより「Amazon商品の賢い探し方」的なリテラシー啓蒙を積極的にしていった方が、精神衛生的にも良い環境を作れるのではないでしょうか。



ちなみに、私もちょこちょこレビュー書いてますが、明らかな欠陥でなければ大体☆4、5でレビュー入れちゃいます。
気になることはコメントに書いて、一般的に考えればまあー、いっかwっで終わるので。
結構安くてそこそこいい値で買えるのに、あんまりぎちぎちに書いちゃうとメーカーさん可哀想ですよ。





あおの ひろと

 

ブログ、2日目を更新です。

ただのブログというよりは、なんとか情報発信系まで有意義なものに発展させていんですが、そこはおいおいあとで述べたいなと、思います。



私、あおのは福島市生まれの福島育ち。結婚はしてません。

大学は山形の東北芸術工科大学のプロダクトデザイン系を卒業しました。就活ではデザイン系を志していざ企業に申し込むも、ことごとく失敗。
50社くらいは受けたかな。面接まで発展しないパターンもほとんどで、最終面接も全滅。
1社だけカメラマン応募で内内定はいただけたんですが、まあ、あるあるな家庭事情で断念しました。

今考えてみると、そういう専門職に対する集中力というか、考え方のレベルが当時は相当甘かった。
そりゃ、スタートの時点で負けますわ。そんな生半可なやり方で上手くいくとも思えんから、選考されなくてよかったかもねw 結果論だけど。
 
で、結局就職で選んだのは全くデザインとは対局の営業職w 今で言う俗にブラック企業でした。
内定もらった後、グーグル先生で企業名を導いていただくと、閲覧トップ が真っ黒でしたから。
まあ、喰えりゃいいかと軽い意気込みで新入社員を開始するも、2年半で退職。 

 で、バイトで食いつないで、某車メーカーの営業職に就職。成績はぶっちゃけ良くありません。
なんだかんだ這いつくばりながら、1年働かせていただき、今に至ります。


自分の性格を回りの方のご意見を参考に自己分析させていただくと、

自己中
話を聞かない
言っていることよく分からんw
空気読めない
仕事テキトー


などなど。


よく営業やってるなと、思います。

先輩の寛大なるフォローで今まで生きて来れたと、ブログ書きながらしみじみです。


まあ、そんな自分にも、転機みたいなのはちょいちょいやってきてくれるようで、
いろんな本読んだり、新聞も一時期読みふけってみたり、ネットのスタートアップ話を聞いたりしていると、やっぱりそっちも面白いんだなーとつくづく感じるようになってきまして。

ゲーム三昧の生活止めましたね。時間もったいねーwってやっとわかったので。。

で、このブログも今後の布石って程でもないですが、試したことをジャンル問わず書いていきたい。

社会ネタ、デジタル、バイク、自動車、カメラ素材、生活ネタ 、仕事の考え方とかかな、まずは。
マニアックな話できないので、表面をなでるような話になるだろうけどね。

あんまり協調性もないんですが、誰かと一緒に面白いことしたいなー、とも考えてますので。

もし、気が合いそうな方は是非よろしくお願い致しますね。


という訳で、2日目のご挨拶とさせていただきます。



あおの ひろと


 

「滝登りブログ(進行形)」をご覧いただいたみなさま、ありがとうございます。

あおの ひろと。福島県福島市在住の27歳です。

 今日、急に思い立ってブログ開設してしまいました。
理由はまあ、まだなんとなくなんですが、今の現状を少しでも変えたいというか。

つい最近まで、人生捨ててもいいや的なダークな感じで生きてきてたんですが、この年にもなって、まだ何とかなるかなー?なんて軽い思い込みでアクセルを吹かし始めたこの頃です。

考えてみると、別に失うものもないしこれ以上底もなし、ポジティブな思考変換で仕事環境も徐々に変わった実感があることも、超微量なんですが少なからずあるようですので。

明日も仕事で、この時間からではろくな立ち上げもできない典型的なダメブログですが、日々いろんなことを試してみようかなともくろんでおります。

そんでもってただの自己満でつらつら書くのも、ごみ扱いさせては大変ご迷惑でしょうから、 少しでも誰かの役に立ってもらえるかもしれない情報も載せられればと思っている限りです。



そんな訳でして、もしちらっとでもご覧くださる方がいれば、感慨ものでございますので、末長くよろしくお願い致しますとのことで、最初の挨拶とさせていただきまする。



あおの ひろと