最近、あんどろがりんごと性能であまり変わりないよ、という話をちょくちょく聞いてたので、2018年の始めくらいに今までお世話になったiPhone5sがそろそろスペック落ちしそうだったのを期に、あんどろに機種変チャレンジしてみました。


....で、タイトルにもありますが結局りんごに戻すことになりましたということで。。

P_20181006_160535_vHDR_Auto


今回、その経緯を備忘録的にまとめておこうと思います。
僕と同じ要求をスマホに求めている方がいたら、参考にしていただければ幸いです。

旧あんどろ:ASUS ZenFone 4(メモリおばけ6GB)
新りんご:iPhone8 Plus

ASUS ZenFone 4は”買い”なのか? 使ってみて分かったメリット・デメリットをまとめてみた-モバレコ


買い替え理由 概要:
  1. ちょっと重いゲームはメモリ増やしたところで無意味
  2. 文字入力が結局慣れなかった(斜め入力とかなに)
  3. ゲーム動画撮る -> 公開するのは機材ないと無理

前回買ってみたアンドロイドスマホはハイエンドのASUS。
当時からやっぱり不安だったので、奮発してハイエンドモデルを保険も兼ねて選んでたのだけど、結局、だめだったというね。。


①ちょっと重いゲームはメモリ増やしたところで無意味
 これはもう、「相性というほかない」という結論に。
処理や通信量が軽いゲームならそこまで気にはならなかったのですけど、例えば「崩壊3rd」という3GBレベルのやや重いアプリゲームをやっているので
それで比較すると、

①アプリ起動 -> ターミナル入るまで
 あんどろ:約30秒
 りんご8:約15秒
②ミッションタップ -> 開始するまで
 あんどろ:7~12秒
 りんご8:1~3秒
③学寮とか少し重いとこ入るまで
 あんどろ:10秒前後
 りんご8:3~5秒

と、ほぼすべてのロードが半分以上短縮!

体感だともっと早いです。
前使ってたiPhoneがスペック耐えられなくなってきたので買い替えたのに、ハイエンドあんどろのほうがロードに時間かかっているという現実....。

買い替えて3日持たずに「これはりんごに戻すしかないやん...」って気持ちに。

ASUSは内蔵メモリが6GBあるので、単純にアプリの動作が重いという話ではなく、あんどろは機種が多種多様なので、それぞれのメーカー品OSに合わせてゲームを作成するのが、そもそも無理ということなんだと思います。(各メーカーごとにOSをアレンジやチューニングしているので)

なので、あんどろで重い動作がもっさりしているのはもはやどうしようもなく、それと比べてりんごは機種が少なくアプリの最適化が容易なのだと思います。

軽いゲームだとそこまで気にならなかったので、処理が重くなると目に見えて処理が追いつかなくなるのだと思いますね....。
まあそこまで重さにこだわらなければりんごの必要はないと思いますが(端末が高いので)、僕みたいに毎日それなりにログインしていると拘束時間が必然的に増えるだけなので、とてもじゃないですが使い続けるのは難しいです。


②文字入力が結局慣れなかった
 これは慣れの問題かもしれませんが、僕は無理でした。
Screenshot_20181006-154152_1

細かい作業は苦手ということではないのですが、早くしゅぱぱっと入力するのはどうも苦手みたいで、誤入力ばかりでスマホからメッセージは打ちたくなくなりました(笑)

りんごだと、縦と横入力なので慣れればそこまで誤入力は少ないですね、よく考えられてます。

りんごしか使ったことない友人にも、「なに、このななめ..ww」と早くもあんどろとの超えられない谷ができていた模様w

まあ、今どきの高校生・大学生くらいだと慣れてしまうんですかね?アラサーの僕には、使いづらくてキーボードだけ変えてほしくてしょうがなかったです(もしかしたらアプリで入力方式がけ変えられたかもしれませんが。。)


③ゲーム動画撮る -> 公開するのは機材ないと無理
 僕は特段、配信者として生活していきたいと考えるほどYouTuberを目指しているわけではないので、優先度は低いのですが、やはり毎日それなりにログインしている手前、うまくなりたいためにも配信もしていきたいわけですよ。ちょっとずつでもね。

で、前のりんごだとMacにあるソフトと簡単にリンクできて、ただゲーム動画撮るだけなら何も機材・ソフトいらずにできたんですよね。

あんどろ買い替えの際には、そこは特に調べず買い替えてみたのですが。
いざ買い替えてみると、ゲーム動画をPCで撮影・配信するソフトが有償(無料もあるが使いづらいとのこと)

Android端末の画面をPCで録画・配信する方法
ただ、Reflectorは有料アプリ(14.99ドル)です。無料試用できるのは7日間で、試用版はロゴ(ウォーターマーク)が常時表示されます。Reflectorをまともに使うためには、購入するほかありません。

別に配信利益で採算がとれるならいいんでしょうけど、りんご時代は無料でできていたのになぜ払わなければならないのか。。しかも頻繁に配信しようとするわけではなく、月に1本配信するかどうかのレベルですw

月額制だったので、完全に割にあわず

あんどろで何も動画撮影・配信できてません。
そのため、PS(プレイスキル)向上心のモチベーションがだだ下がり。。

特定のゲームに関してなのでしょうが、僕にとってはあんどろに変えて端末価格が安い、以外は何もメリットがないですね。むしろデメリットが気になりすぎてずっと買い替えしたがってました。

幸い、ようやくApple様が9月に新型iPhoneを発表されて、その反動で旧型の8共々が値引きしていただいたおかけで、ようやくりんごを入手できるに至りました。(通信はMVMO契約なので、SIMフリーのりんご新品は公式で買うようにしてます。高いですが(^^;)

「iPhone 8 Plus」の方が「iPhone X」よりも優れている可能性

結論
そんなわけで、りんご信者がそろそろ格安なあんどろどうなの?って機種変を考えている場合には、以下を注意してくださいね。

  1. 重いゲームはハイエンドだろうが処理が重くなる(りんご比)
  2. 文字入力うざい
  3. PCと連動した配信など、りんごの便利な機能はあんどろでもできるのか確認したほうがよい
  4. New! 画面デザインきれい -> わりと大事w

以上です。
スマホは体の一部だと思って相違ない方は、割り切れる機能とそうでない機能は事前に調べてから購入したほうが、後悔は少ないですよ。(個人差出る情報ほど、あまりネットに載ってないですけど)